FC2ブログ

朗読たんぽぽ~ことばの綿毛を飛ばそう~Ⅱ

ケロログ掲載の“朗読たんぽぽ”パートⅠ復活を祈りつつ、パートⅡでは清少納言「枕草子」連載を開始。収録作品は他に夏目漱石「三四郎」、芥川龍之介「雛」「蜘蛛の糸」、山川方夫「夏の葬列」「歪んだ窓」、山本周五郎「鼓くらべ」など。

Entries

樋口一葉 「にごりえ」 3-1


 ご挨拶がすっかり遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。令和2年、結構、暖かいスタートになったというのに、インフルエンザはまだ猛威をふるっているみたいで・・・貴方は大丈夫でしたか? お蔭様で“朗読たんぽぽ”は今のところウイルスとは無縁で、こうして元気に『にごりえ』連載に取り組み始めました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 ということで早速、第3章その1。どうやらお力は例の山高帽子の三十男とすっかり馴染みになった様子で、今回のファイルでは彼の名前なども明かされますよ。それではしばし、お耳拝借!(←2-2
スポンサーサイト



樋口一葉 「にごりえ」 2-2


 今回のファイルでやっと第2章終了の『にごりえ』。8章までありますから、う~む、続きは来年に持ち越し・・・などと、今年もやっぱりもたもたの“たんぽぽ”でしたぁ。
 その反動というわけではないのですが、いつもお訪ねくださるあなたに、いささか早目のご挨拶を申し上げます。本年も大事な時間をたくさん割いていただき本当に有難うございました。聴いていただけるという、それそのことが何より嬉しくて! 来年もお時間許す折に是非お立ち寄りくださいね。お待ち致しております。
 ではでは、どうぞ良いお年を!! (←2-13-1→)
 

樋口一葉 「にごりえ」 2-1


 拙ブログ“朗読たんぽぽ”は、産声を、まさに音声のみのmp3で上げたのですが、やがて背景動画付きのmp4に変身。それはYouTubeにファイルを置かせてもらおうという心からでした。ところが、です。最近、後ろ盾・ムービーメーカーの体調がすぐれず、腰を上げる気にもならない様子。そしてとうとう、もうこれ以上はハードワークをお願いできる状況ではなくなり、結局、今回のファイルから再びmp3での掲載に戻すことに相成りました。
 何とかYouTubeに住み続けられる体裁は整えましたので、少しほっとはしていますが、はてさて連載中の『にごりえ』、違和感なくあなたのもとに届きましたでしょうか? 届きますように!!と祈るしかないたんぽぽです。 (←1-22-2→) 

樋口一葉 「にごりえ」 1-2


 一葉さんの文章は、時代のせいも勿論ありますが、とても個性的。マータイさんで有名になった“勿体ない精神”よろしく、どのページも「しっかり使い切るぞ」とばかり隅から隅まで文字だらけ、白い部分がほとんど見当たりません。
 読者としては、得した気分? いやいや、読みづらい? 感想はまちまちだとしても、一葉さん独特の調子が心地よく、非常に音楽的なのは確かです。もっとも“楽譜”になぞらえると、これはかなり厄介な部類で、うっかりしていると、ここはソプラノが歌うの? ん、バリトンかな? などとウロウロさせられます。まずは省略されている記号を各自で書き入れ、更には自分向けの目印も付けて、それなりの準備をしておくのが望ましい・・・。
 って、他人事みたいに言ってる場合じゃないのでしたぁ。頑張らなくっちゃ、私! (←1-12-1→)
 

樋口一葉 「にごりえ」 1-1


  “朗読たんぽぽ”で樋口一葉さんの作品を取り上げるのは、実は3回目なのですが、切なくも消滅したパートⅠ掲載分のため、ここパートⅡでは今回の「にごりえ」が初の挑戦です。短編とはいえ、呑気な“たんぽぽ”のこと、年を跨いでの連載になりそうです。どうぞ気長に、のんびりとお付き合いくださいませ。
 さて今回のファイル、背景動画のちょうど真ん中あたりに鏑木清方さんが描かれた“お力”の絵を掲載してみました。とっても綺麗なので是非ご覧くださいね。 (1-2→) 
 
 

ご案内

プロフィール

森下潤子

Author:森下潤子
 2008年、ドキドキしながら始めた“朗読たんぽぽ”。何かに突き動かされるように次々と録音・UPを繰り返すうち、3年足らずで容量が満杯に……。
 やむなく2010年、この“パートⅡ”開設に至りました。その際YouTubeにファイルを置く方式に切り替えたことから、こちらのファイルには背景動画を付けておりますが、朗読するのは同じ私で、作品への取り組み方も同じです。よろしかったら、どうぞあちらもこちらも分け隔てなくお訪ねくださいませ。掲載作品の検索はこちら→【作品リスト】からどうぞ。しかしパートⅠがお世話になっているケロログは消滅なのでしょうか? とすればリストも消え……、どうすべきなのか、名案はまだ浮かばず悩んでおります。

最新記事

最新トラックバック